【イベント告知】ワンダーフェスティバル2017(冬)に出展します。卓番号 4-10-10

東洋美術学校夜間部フィギュア造形科では、1年間学び制作してきた作品を冬のワンダーフェスティバルにて毎年、発表しています。本科では、「デジタル造形」という業界的にだいぶ定着してきたフィギュアのモデリングから出力までのプロセスをトータルに教え、サポートしています。デジタルとアナログの両方の作業が必要になる本当のデジタル造形を学べるのが本科の特徴です。
来るワンダーフェスティバル2017冬(2/19開催)にて、今年も生徒が一からモデリングソフトを学び、作り上げた作品を展示します。皆さんのご来場お待ちしています。本校も出展卓番号は【4-10-10】となります。


【ワンダーフェスティバル2017】プロ、アマチュアを問わず、自分たちが腕によりをかけて製作したキットを持ち寄って展示・販売することにより、自分の造形力を世に問うことを目的としてはじまったのが『ワンダーフェスティバル』です。


ワンダーフェスティバル2017(冬)
会期 2017年2月19日(日)
時間 10:00 〜 17:00
場所 幕張メッセ 国際展示場 1~8ホール
アクセス
  • 電車の場合
    JR京葉線 – 海浜幕張駅から徒歩約5分。
    JR総武線・京成線 – 幕張本郷駅から「幕張メッセ中央」行きバスで約17分。
  • 高速バスの場合
    成田空港より約40分。
フィギュア造形科について
夜間部フィギュア造形科

デジタル原型師、CGクリエイターを目指す。

デジタル原型師育成コース。3DCGソフト「ZBrush」・「3D-COAT」を活用してデジタル造形の基礎から応用まで学ぶことができるデジタル原型育成コースです。年間を通してイラスト描写における正しい人体構造を学び、立体の描き方やイラストならではの素体の取り方を身につけます。三面図の起こし方や粘土を用いた造形など、アナログ作業を通じてフィギュア造形を総合的に理解することができます。また、3Dプリンターでオリジナルフィギュアを制作するところまでを体型化し、学ぶことができます。