夜間部フィギュア造形科

夜間部フィギュア造形科

夜間部 1年制学科
3DCGソフト「ZBrush」や「3D-COAT」・「MAYA」をマスターし、デジタル原型師やCGクリエイターを目指します。

資料請求をする

学費:
入学金 ¥50,000
教育充実費 ¥40,000
前期授業料 ¥155,000
校費 ¥50,000
その他 ¥20,000
後期授業料 ¥165,000
1年間合計 ¥480,000

n_figure

デジタル原型師育成コース。3DCGソフト「ZBrush」・「3D-COAT」を活用してデジタル造形の基礎から応用まで学びます。年間を通してデッサン、クロッキーを行い、立体の描き方やイラストならではの素体の取り方を身につけます。三面図の起こし方や粘土を用いた造形など、アナログ作業を通じてフィギュア造形を総合的に理解することができます。3Dプリンターで出力する為に必要な技術を産学連携で習得します。イラストレーターとして仕事の幅を広げたい人にも最適です。

カリキュラム
デッサン・クロッキー
デッサンでは鉛筆で形のとり方や陰影のつけ方、質感の描き方を学び、人体クロッキーでは身体の動きやバランス、着衣のしわなどを線描で素早く描く練習をして、個性を活かした作品づくりの基礎を身につけます。
フィギュア制作
石粉粘土によるアナログ作業を通じて、フィギュア制作の基本から身につけることが出来ます。キャラクターの体形・構造・バランスから、人体の骨格・筋肉のしくみを学び、オリジナルのフィギュアを制作していきます。
人体イラスト
フィギュアを制作する上で人体の構造を理解することは大変重要です。立体的、医学的に正しい人体の描き方や動かし方を習得します。人物を立体として把握することで、人物の立つ空間をイメージする力を見につけます。
産学連携

3DCGソフトの「ZBrush」と「3D-COAT」を使用し、プチキャラのデジタル原型制作を通して、ソフトの操作方法から応用技術までを学びます。授業内で制作した3Dデータをもとに松村設計株式会社に所属するデジタル原型師の指導のもと、3Dプリンターでオリジナルフィギュアを出力するまでを行います。

卒業後の進路

デジタル原型師やCGクリエイターとして、各種メーカー、ゲーム会社、映像制作会社への就職など。

出願について

夜間部学科はインターネットからの出願となります。出願にあたってはパソコン(スマートフォン)でのインターネット接続が必要です。

出願期間:平成28年11月1日(火曜日)より順次受付中
選考方法:書類選考
出願方法:本校ホームページにてインターネット出願

 

イベント Pick Up!

学校見学会 2/8(Wed)

2/8(Wed)の学校見学会は、夜の部19:00〜開催となります。

デジタル造形体験 〜ZBrush〜

2017年2月12日(日曜日) 13:30〜16:30