韓国

安山デザイン文化高等学校にて本校専任講師による模擬授業を実施。

2016年9月に韓国の安山デザイン文化高等学校にて、本校デザイン科専任講師が模擬授業を実施しました。約60名が参加し、漫画のキャラクターのイメージに合ったタイトルロゴをデザインしました。参加した生徒たちは熱心に取り組んでおり、授業の最後にはプレゼンテーションを行い、大いに盛り上がりました。

安山デザイン文化高等学校の生徒と教員が来校されました。

2016年11月に安山デザイン文化高等学校の生徒と教員、50名が来校しました。在学中の安山デザイン文化高等学校出身の留学生が通訳を担当し、日本での生活や学校のことなど、体験談を踏まえてアドバイスをしてくれました。グラフィックデザインの体験授業では、皆さん集中して制作し、素敵な作品に仕上げていました。

台湾

台中の豐原高等学校にて本校専任講師による模擬授業を実施。

2016年10月に国立豐原高等学校で模擬授業を実施し、2年生約60名の参加がありました。今回は、東美が「TOKYO GAME SHOW 2016」に出展したゲームコンセプトの「ガールズストライド」をテーマに、ゲームパッケージに使用するロゴの制作を行いました。生徒達は真剣に取り組み、最後にはプレゼンテーションにも挑戦しました。

台中の豐原高等学校の生徒と教員が来校されました。

台湾の国立豐原高等学校から生徒と教員、53名が本校に来校しました。在学中の豐原高校出身の留学生が留学生活について、体験談を踏まえ生徒からの色々な質問に答えました。グラフィック・インダストリアル・イラストの模擬授業を行い、日本のデザインやイラストなどをとても楽しく体験しました。

台北市立啓聡学校との交流。

東洋美術学校では14年間に渡り、都内の特別支援学校の生徒を対象に海外芸術体験プログラムを実施しています。創立70周年を記念した今回は、プログラム参加者が台湾で描いたスケッチと、台北市立啓聡学校中等部の生徒の優秀作品が一堂に展示されました。また、2017年1月には台北市内にある台北市立啓聡学校へ本校校長が訪問し、現地の生徒たちと交流しました。