昼間部 2年制学科

絵画科

学科・専攻の特徴

油彩画を中心に、水彩画、アクリル画、日本画など幅広い表現手法を基礎から学んでいきます。様々な実技・演習を通して、安定した「観察力」や「描写力」「発想力」を体得し、表現方法の広がりや深さを体験しながら自分の世界を確立することを目指します。

専門士

少人数制

プロ講師

担任制

ミクストメディア

油彩画

水彩画

アクリル画

日本画

就職実績

日本版画協会展/賞候補、全国大学版画展/買い上げ賞、主体展/入賞、ホキ美術館大賞展/入選、FACE展 損保ジャパン日本興亜美術賞展/入賞、シェル美術賞展/入賞 などほか多数

めざす職業

  • 日本画家
  • 洋画家
  • アーティスト
  • 絵本作家
  • など

カリキュラム

1年次は、石膏デッサン、油彩画、水彩画、アクリル画、日本画を中心とした実技・演習を通して、観察力、描写力、発想力の習得に努めます。2年次では、石膏デッサン、油彩画などの他に、ミクストメディアや自由制作を行います。より専門的な技法を学びながら、各自のテーマや表現方法を深めていきます。そして卒業制作へと展開していきます

1年次|前期

鉛筆デッサン、木炭デッサンから石膏像や静物等の基礎的な形の見方、考え方を練習します。水彩画、アクリル画、日本画は絵の具の使用方法、技術等も含めて順序立てて進めていきます。

  • 木炭デッサン(石膏・静物)
  • 鉛筆デッサン(静物)
  • 水彩画(静物・風景写生)
  • 油彩画(静物)
  • アクリル画(静物)
  • 絵画史
  • 日本画演習

1年次|後期

鉛筆デッサン・木炭デッサンや、油彩画は基礎から応用へと進みます。胸像石膏や、人体裸婦、人体着衣を通して複雑な形の表現を学びます。また、1年間学んだデッサン・着彩の成果として進級課題に取り組みます。

  • 木炭デッサン(石膏・静物・人体裸婦・人体着衣)
  • 油彩画(人体裸婦・人体着衣)
  • 着彩(油彩・水彩・アクリル選択)
  • 日本画演習
  • 就職ガイダンス

2年次|前期

研究課題で木炭デッサン、油彩画の基本練習の他、ワークショップを通して技術や自己表現の幅を広げていきます。

  • 研究課題
  • デッサン(石膏・人体裸婦・人体着衣)
  • 着彩(静物・人体裸婦)
  • ワークショップ
  • 日本画演習

2年次|後期

前期の研究課題やワークショップから、各自のテーマや表現方法をより深め、集大成として卒業制作に進みます。

  • 研究課題
  • デッサン(石膏・静物・人体裸婦・人体着衣)
  • 着彩(人体裸婦・人体着衣)
  • ワークショップ
  • 日本画演習
  • 卒業制作

時間割

 
1限目
9:00〜10:30
デッサン(鉛筆・木炭) デッサン(鉛筆・木炭) 日本画演習 着彩(油彩・水彩・アクリル) 着彩(油彩・水彩・アクリル) 絵画ゼミ(自由選択)
2限目
10:40〜12:10
3限目
13:00〜14:30
デッサン(鉛筆・木炭) デッサン(鉛筆・木炭) 近代絵画史 着彩(油彩・水彩・アクリル) 着彩(油彩・水彩・アクリル) 絵画ゼミ(自由選択)
4限目
14:40〜16:10
絵画論

授業風景

授業風景

実技課題では、油彩画、日本画、アクリルと、幅広く学べます。特別授業として彫塑(ちょうそ)の授業があります。

批評会

すべての実技課題では、指導を受けた先生から制作した作品の講評と評価を受けます。

特別見学

特別見学のひとつが絵の具工場見学です。自分の手で絵の具をつくる体験学習もあります。

画廊展示

展示した時、自分の絵がどう見えるか?人に見られるということを経験するための、画廊展示課題で様々な感覚を身につけます。

卒業制作

2年間の集大成として、学校で勉強してきた成果を2年生の11月下旬から3ヵ月間かけてF100号(1,620mm×1,300mm)以上の作品を描きます。画材は油彩、日本画、アクリル、パステルなど自分に合った画材を選択することができ、テーマも自由。何人もの画家の先生方からアドバイスを受けながら制作することができます。

東京都美術館での展示

卒業制作の作品は批評会のあと、卒業制作展として上野の「東京都美術館」にて展示します。

学生作品

タイトルとURLをコピーしました