昼間部 2年制学科

絵画科

学科・専攻の特徴

油彩画を中心に、水彩画、アクリル画、日本画など幅広い表現手法を基礎から学んでいきます。様々な実技・演習を通して、安定した「観察力」や「描写力」「発想力」を体得し、表現方法の広がりや深さを体験しながら自分の世界を確立することを目指します。

POINT

受賞実績

日本版画協会展/賞候補、全国大学版画展/買い上げ賞、主体展/入賞、ホキ美術館大賞展/入選、FACE展 損保ジャパン日本興亜美術賞展/入賞、シェル美術賞展/入賞 などほか多数

めざす職業

  • 日本画家
  • 洋画家
  • アーティスト
  • 絵本作家
  • など

授業紹介

1年次 前期

鉛筆デッサン、木炭デッサンから石膏像や静物等の基礎的な形の見方、考え方を練習します。水彩画、アクリル画、日本画は絵の具の使用方法、技法等も含めて順序立てて進めていきます。

鉛筆デッサン・木炭デッサン
石膏と静物をモチーフに、鉛筆デッサンと木炭デッサンを通して、基礎的な形の見方や考え方を習得します。

水彩画(静物・風景写生)
透明水彩を使用し静物着彩を行ったのち、屋外での写生課題があります。透明水彩の技術を習得する事はもちろん、光を意識すること、奥行を画面上で描くことの訓練です。実際に講師がデモンストレーションを行い手順やコツを丁寧に指導します。

1年次 後期

鉛筆デッサンや木炭デッサン、油彩画は基礎から応用へと進みます。胸像石膏や人体裸婦、人体着衣を通して複雑な形の表現を学びます。また、1年間学んだデッサン・着彩の成果として進級課題に取り組みます。

油彩画(人体裸婦・人体着衣)
実際にモデルをお呼びして人体裸婦・人体着衣の油彩画に取り組む授業です。前期に行った基礎課題を経て、人体課題へと移ります。人体の骨格、筋肉の動きなどは、パッと見ただけでは理解できません。360°クロッキーを行い、人体の構造を理解してからデッサン、着彩へ移ります。観察力、描写力、画面構成、色感を身に着ける授業です。

着彩(油彩・水彩・アクリル選択)
いずれかの画材を選択し、それぞれの画材を使った着彩技法、構図、色の使い方を学ぶ課題となります。批評会では1人15分ほどの時間をかけ、苦手な部分、伸ばすべき部分の講評を行い、最後に総評、評価をします。批評会はクラスメイト全員で作品を見せあう重要な機会です。

2年次 前期

研究課題で木炭デッサン、油彩画の基本練習の他、ミクストメディアを通して技術や自己表現の幅を広げていきます。

着彩(静物・人体裸婦)
1年次同様、物の観察のための授業があります。2年次のカリキュラムは、自由画が主となりますが、おろそかになりがちな基礎画力を落とさないためにも静物着彩課題、人体課題が多々入ります。

ミクストメディア
多様な画材を使用し、ひとつの絵画を完成させることをミクストメディアと言います。1年次に学んだ日本画や油彩画、アクリル画や水彩画などの知識・技術を活かしながら、複数の画材で絵画を制作します。転写法や版画技法、コラージュもこの課題で学ぶことができます。

2年次 後期

研究課題で木炭デッサン、油彩画の基本練習の他、ミクストメディアを通して技術や自己表現の幅を広げていきます。

研究課題(画廊展示)
完全に自由で決まりのない課題です。自身でテーマを決め、自身の世界観で作品を制作します。この授業で制作した作品は、実際に銀座のギャラリーで展示をし、展示のプロセスを学びます。企画、宣伝、展示、搬出までを経験し、卒業後もアーティストとして活動していくための準備をしていきます。

卒業制作
2年間の集大成として、学校で勉強してきた成果としてF100号(1,620mm×1,303mm)以上の作品を描きます。卒業制作期間は、2年生の11月下旬から3ヵ月間です。油彩画、日本画、アクリル、パステルなど自分に合った画材を選択し、テーマも自身で決めます。現役作家の先生方からアドバイスを受けながら制作することができ、制作した作品は批評会のあと、卒業制作展として上野・東京都美術館にて展示します。

カリキュラム

1年次

描画力、構成力、色彩表現力、PCのオペレーションなどデザインの基礎を身につけ、技術力の向上を目指します。

  • デッサン
  • スケッチ
  • 構成・色彩
  • Illustrator・Photoshop
  • フィールドワーク
  • デザイン演習
  • 色彩演習
  • 和文タイポグラフィ
  • DTP演習
  • 学芸員科目(選択)

2年次

専門分野の確立と価値観を広げていきながら、クリエイターとしての柔軟な発想力や企画力を鍛えていきます。

  • デザインワーク
  • 広告
  • インターフェースデザイン
  • エディトリアル
  • 写真実習
  • ロゴデザイン
  • パッケージデザイン
  • 商品企画
  • 紙と印刷
  • 欧文タイポグラフィ
  • 学芸員科目(選択)

3年次

技術、知識に特化し、企業との産学連携授業やインターンシップなどで現場を体験しながら社会との関わりを学びます。

  • エクスペリエンスデザイン
  • プレゼンテーションワーク
  • 販売促進
  • ブランディング
  • タイポグラフィ
  • サイン計画
  • インターフェースデザイン
  • ブックデザイン
  • デザイン史
  • 就職ガイダンス
  • 学芸員科目(選択)

4年次

企画から制作までの一連の流れを学び、社会へ提案する力をつけ、就職活動に生かしていきます。

  • ポスターディレクション
  • エクスペリエンスデザイン
  • 雑誌企画編集
  • 環境デザイン
  • ブックデザイン
  • 卒業制作

時間割

 
1限目
9:00〜10:30
デッサン(鉛筆・木炭) デッサン(鉛筆・木炭) 日本画演習 着彩(油彩・水彩・アクリル) 着彩(油彩・水彩・アクリル) 絵画ゼミ(自由選択)
2限目
10:40〜12:10
3限目
13:00〜14:30
デッサン(鉛筆・木炭) デッサン(鉛筆・木炭) 近代絵画史 着彩(油彩・水彩・アクリル) 着彩(油彩・水彩・アクリル) 絵画ゼミ(自由選択)
4限目
14:40〜16:10
絵画論

関連記事

学生作品

タイトルとURLをコピーしました