昼間部 4年制学科
クリエイティブデザイン科
高度プロダクトデザイン専攻

学科・専攻の特徴

家電製品、生活用品、おもちゃ、文具、カーデザインなどの工業製品から アクセサリー、工芸作品などクラフトまでを学び、プロダクトデザイナーから 工芸作家まで『モノづくり』のスペシャリストを目指します。

高度専門士

学芸員資格

大手企業就職

職業実践専門課程認定

産学連携授業

少人数制

プロ講師

担任制

クラフト

SOLIDWORKS

3DCAD

木/金属/ガラス/樹脂/磁器

就職実績

㈱本田技術研究所、日産自動車㈱、オリンパス㈱、キヤノン㈱、コンビ㈱、富士ゼロックス㈱、シチズンリテイルプラニング㈱、柏木工㈱、サクサ㈱/通信機器、㈱フォルム/アクセサリー、㈱天野製作所、アイデス㈱ など他多数

めざす職業

  • プロダクトデザイナー
  • カーデザイナー
  • インダストリアルデザイナー
  • 家具デザイナー
  • トイデザイナー
  • クラフト作家
  • など

カリキュラム

1,2 年次では、それぞれの専攻に基づき、デザインの基礎を学び、様々なメディアに対応できる柔軟な発想力や企画力を磨きます。3年次以降は、企業との産学連携授業など、より実践的な経験を経て、 4 年次は、就職をベースにキャリアプランに基づいたさらなるスキルアップを目指します。

1年次

デッサンやスケッチとともに立体的な造形力の基本を身につけます。またIllustratorやPhotoshopなどのデジタル技術も学びます。

  • デッサン
  • スケッチ
  • 基礎製図
  • 基礎造形
  • インダストリアルデザイン
  • クラフトデザイン
  • Illustrator/Photoshop
  • 実材演習
  • 造形演習
  • インダストリアルクレイ
  • 人間工学演習(産学協同)
  • 学芸員科目(選択)

2年次

工業デザインからクラフトまで幅広く学び、自分の個性や得意なことを探していきます。また、企業デザイナーの直接指導により、実践的な知識を身につけます。

  • クラフトデザイン
  • SOLIDWORKS
  • 材料学
  • レンダリング
  • インダストリアルデザイン
  • 実材演習
  • デザイン史
  • 雑貨プロダクト演習
  • Houseware Design
  • 産学協同
  • 学芸員科目(選択)

3年次

外部イベントに参加し、日頃の学習成果を発表します。また、プロダクトについてパッケージや製品ロゴ、説明書までの総合的なデザイン能力を習得します。

  • トータルデザイン
  • 公共機器
  • IoTデザイン演習
  • クラフトデザイン
  • ストーリーテリング演習
  • インダストリアルデザイン
  • 金型製作
  • 実材演習
  • Future Design
  • 就職ガイダンス
  • 学芸員科目(選択)

4年次

近未来的な工業デザインや高度なクラフトデザインにチャレンジすることで、就職活動に生かしていきます。

  • 製品色彩学
  • 製品開発論
  • インダストリアルデザイン
  • ユニバーサルデザイン
  • 工業デザインマネジメント
  • 意匠登録
  • 実材演習
  • 卒業制作

時間割

 
1限目
9:00〜10:30
レンダリング SOLIDWORKS クラフト
デザイン
IoTデザイン
演習
Future
Design
ユニバーサル
デザイン
2限目
10:40〜12:10
3限目
13:00〜14:30
インダストリアル
デザイン
就職ガイダンス   実材演習 デザイン史 インダストリアル
クレイ
4限目
14:40〜16:10
   

授業紹介

スケッチ

鉛筆やマーカー等を用いて多くの枚数のスケッチを描き、立体に対する観察力や表現力を身につけます。

実材演習

様々な素材を使用して、その加工方法を基礎から学びます。プロの作家が講師として授業を行い、その驚きの技術に触れることができます。

金型製作

たい焼きの金型をオリジナルで製作し、10月開催の東美祭(文化祭)にて「たい焼き」を販売。金型製作から販売まで行い、作品の幅を広げていきます。

IoTデザイン演習

IoT(Internet of Things)技術を応用して、生活が豊かに、ワクワクするような、新しいUXデザインやプロダクトを、ソニー株式会社の新事業「MESH project」から生まれたスマートDIYキット「MESH」を活用して提案します。また、IoT技術の運用に必要なプログラミングの基礎も学びます。

クラフトデザイン

普段何気なく触るドアノブにフォーカス(注目)して、木材をやすりやナイフ等を使用して握りやすさや抽象的な造形を考えます。

基礎造形

材料の特性を生かして、日用品などのデザインをします。画像作品はPP(ポリプロピレン)シートを使ったバッグの提案をしたものです。

関連記事

学生作品

タイトルとURLをコピーしました