中国最大級のGIFサーチエンジン動図宇宙と連携し、日本のイラストを中国に届けるプロジェクトを開始!

本校は、中国最大級のGIFサーチエンジンを持つ動図宇宙(上海)と連携し、10億人規模と言われる中国のメッセージングアプリ市場に日本の動くイラストを届けるプロジェクトを開始しました。

中国10億人規模のメッセージングアプリに日本のGIFアニメを配信!
プレスリリースはこちら【PR TIMES】

動図宇宙について

LINEスタンプなどのチャットアプリを利用して、今では誰もが気軽に非言語コミュニケーションを楽しめる時代になりました。そして、最近では、GIF(グラフィックス・インターチェンジ・フォーマット)を活用した3-5秒ほどのアニメーションの利用が急増しています。

本校が連携する動図宇宙は、インターネット上で様々なGIFアニメを検索できるサーチエンジンを百度、アリババ、テンセントといった中国の大手アプリ(微信、QQ、淘宝、momo、alipay、探探など)に提供する企業です。動図宇宙のユーザーはのべ10億人を超えており、GIFの配信数は1日あたり数億回に及んでいます。

このプロジェクトで目指すこと

本校はこれまで、イラスト、マンガ、デザイン、3DCGの専門学校として、過去4年に渡り「国際ライセンシングショー(香港)」、そして昨年は「チャイナライセンシングエキスポ(上海)」への出展を通じて、キャラクターのアジア市場の開拓や、卒業生の世界進出に向けた支援に力を入れてきました。

このプロジェクトを通じて東美が目指す事は、コミックマーケットやデザインフェスタなどのイベントで活躍するクリエイターを海外向けに支援することです。

本校は、動図宇宙の日本国内向け窓口として、クリエイター向けサポート業務を実施します!

配信第一弾は煽り系オタクスタンプ『オタくま』!

第一弾クリエイターとして、東洋美術学校の卒業生でイラストレーター南れーなが手がける『煽り系オタクスタンプ オタくま 』のGIFアニメを、動図宇宙を通じて各プラットフォームに配信スタートしています。

本校は校内での人材育成だけに留まらず、日本のクリエイションが世界に流通する仕組みづくりに貢献していく様々なプロジェクトに取り組んでいきます。この度の試みにより、多くの日本のクリエイターが海外に目を向け、ビジネスの裾野を広げていけるようサポートします。

また、本事業から得られた知見を教育に活かし、在校生から自立可能なクリエイター育成に努めていきます。先ずは、この取り組みを活用し、海外のビジネス開拓に興味があるクリエイターの皆さまは、先ずはお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせ先:東洋美術学校 産学連携事務局 project@to-bi.ac.jp