絵画科

fineart_m

油彩画を中心とした表現方法を基礎から学び、安定した「観察力」「描写力」「発想力」を磨く

自分の思い描いたものを表現するには安定した「基礎力」が必要となります。1年次では、石膏、静物、人体等のデッサン・油彩画・水彩画・アクリル画・日本画を中心とした実技・演習を通して、対象を的確に捉える「観察力」の強化と、感受したものを表現し得る「描写力」、色の組み合わせや技法研究による練習で「発想力」を身につけることを目標とします。絵画とは何か?造形的経験の積み重ねによって徐々に自分の描きたいもの、描くべきものが明らかになってきます。2年次では、「卒業制作」につなげるために、テーマや表現内容をさらに掘り下げることや、それをどのような素材で、どのように表現していくのか、自分自身の制作の方向性を明確にします。

カリキュラム

1年次は石膏デッサン、油彩画、水彩画、アクリル画、日本画を中心とした実技・演習を通して、観察力・描写力・発想力の習得に努めます。2年次では石膏デッサン、油彩画などの他に、ワークショップを行います。より専門的な技法を学びながら、各自のテーマや表現方法を深めていきます。そして卒業制作へと展開していきます。

1年次[前期]

鉛筆デッサン、木炭デッサンから石膏像や静物等の基礎的な形の見方、考え方を練習します。水彩画、アクリル画、日本画は絵の具の使用方法、技法等も含めて順序立てて進めていきます。


木炭デッサン(石膏・静物)/鉛筆デッサン(静物)/水彩画(静物・風景写生)/油彩画(静物)/アクリル画(静物)/絵画史/日本画演習

1年次[後期]

鉛筆デッサン・木炭デッサンや、油彩画は基礎から応用へと進みます。胸像石膏や、人体裸婦、人体着衣を通して複雑な形の表現を学びます。また、1年間学んだデッサン・着彩の成果として進級課題に取り組みます。


木炭デッサン(石膏・静物・人体裸婦・人体着衣)/油彩画(人体裸婦・人体着衣)/着彩(油彩・水彩・アクリル選択)/日本画演習/就職ガイダンス

2年次[前期]

研究課題で木炭デッサン、油彩画の基本練習の他、ワークショップを通して技術や自己表現の幅を広げていきます。


研究課題/デッサン(石膏・人体裸婦・人体着衣)/着彩(静物・人体裸婦)/ワークショップ/日本画演習

2年次[後期]

前期の研究課題やワークショップから、各自のテーマや表現方法をより深め、集大成として卒業制作に進みます。


研究課題/デッサン(石膏・静物・人体裸婦・人体着衣)/着彩(人体裸婦・人体着衣)/ワークショップ/日本画演習/卒業制作

主な授業

<木炭デッサン>  プロポーションや構図、トーン、質感も意識します。

<自由課題> テーマ、技法ともに自由で、定められたサイズを期間内にて制作します。

<批評会> すべての実技課題では指導を受けた先生から、制作した作品の講評と評価を受けます。

<卒業制作>  自ら自由にテーマ・技法を決めて制作します。定められた期間内で制作し、2年間の集大成を東京都美術館にて発表します。

講師の活躍

絵画研究室専任講師 星野宏喜が日展(改組 新 第3回 日本美術展覧会)に見事入選しました。入選作品は「改組 新 第3回 日展」を開催中の国立新美術館にて展示されました。また、「 第1回新日春展」「改組 新 第4回 日展」にて作品が入選しました。

【作品タイトル】 牡牛が如き者

150(2273mm×1313mm)の日本画。支持体は雲肌麻紙。素材は岩絵の具、墨、胡粉。

【絵の内容について】
生まれ故郷である新潟県長岡市山古志地区の伝統神事、「越後闘牛」をモチーフに制作しました。人に活力を与える、エナジードリンクのような作品を描ける様、日々活動しています。

初年度納入金

納入項目 入学金 教育充実費 授業料 校費 校友会費 卒業費 年間合計
初年度納入金額 ¥170,000 ¥110,000 ¥864,000 ¥169,000 ¥20,000 ¥1,333,000

カテゴリー

2年制学科 , 昼間部学科 , 絵画