イラストレーション科
イラストレーターコース

Webメディア、アプリ、雑誌、広告、パッケージなどの挿絵を手がけるイラストレーターや、雑貨や文房具をはじめ、TV、ゲームなどにも使用されるキャラクター、企業のマスコットなど、人々に夢を与えるキャラクターデザインからコミックイラストまで、既存の専門領域にとらわれることなく、総合的な視野を持ったイラストレーターを目指します。また、時代の変化や社会のニーズに対応した最新の内容で、柔軟性のある授業を通じ、各分野で活躍できる人材育成を実施します。

カリキュラム

1年次では各コースともに欠かすことのできないドローイングやPCのスキルを高めていくことで基礎能力を学び、2年次には応用的なプログラムや新しい技術を中心に、分野で求められる高いレベルの力を身につけつつ、それぞれのスキルを伸ばしていきます。

1年次[前期]
Macでの基本アプリケーション(Photoshop・Illustrator)の使い方やデッサン、画材の使い方を学び、イラストの基礎力を養います。


デッサン① / コミックイラスト① / キャラクタートレーニング① / デザインイメージ① / イラスト発想法① / 色彩学 / 画材研究 / イラストデザイン① / 素材研究 / 就職ガイダンス

1年次[後期]
イラスト同様にデザインの基礎を学び、ニーズに合った独自の表現方法を見いだします。


デッサン② / コミックイラスト② / キャラクタートレーニング② / デザインイメージ② / イラスト発想法② / イラスト実践 / イラストデザイン② / Web制作 / 就職ガイダンス

2年次[前期]
授業を通してさまざまなジャンルのイラスト表現を学び、多方面で活躍できる技術を磨きます。


メディアイラスト① / イラスト+プレゼン① / イラスト表現① / 商品企画① / デザイン実践①

2年次[後期]
多様なメディアに対応できる力や、個人の表現方法を深めていきます。


メディアイラスト② / イラスト+プレゼン② / イラスト表現② / 商品企画② / デザイン実践② / 卒業制作

主な授業

<デッサン>  形を捉える練習をしていきます。対象となるモチーフは徐々に難しくなり、一年を通じて基礎的なデッサンの授業を学ぶことで、見る目を鍛えていきます。

<商品企画>  自分のキャラクターでさまざまなオリジナル商品を制作します。一つのキャラクターでも色々な商品に展開することにより、実際に販売されている物と同じようにバリエーションを広げていきます。

<メディアイラスト>  ただイラストを描くだけではなく、媒体の差について理解することで、さまざまな違いがあることを学びながら、相手が何を求めているかなどを考えて制作していきます。授業内ではコンペを目指すなどの取り組みを行っています。

<キャラクタートレーニング>  グッズ展開できるようなファンシーキャラクターや、企業の顔となるようなキャラクターを一から制作します。可愛さの表現はもとより、求められるキャラクターを目的に応じたコンセプトワークを基に1体のキャラクターをつくり上げます。

<コミックイラスト>  実際の仕事ではクライアントからコミックの塗りを要求されることもあります。仕事に使えるようなイラストへ昇華させます。

活動・受賞実績

主な就職先

㈱ジャパンネットサービス、大成ラミック㈱、㈱カミオジャパン、㈱blue、㈱KUMA’S FACTORY、㈱極東電子台、㈱あとらす二十一、クルーズカンパニー㈱、 ㈱ドラゴンハートインターナショナル、㈱メイプルシステムズ、㈱イクリエなど他多数。

主な活動実績
  • スタジオジブリ『アニメ「パンダコパンダ」40周年記念イベント限定グッズ』イラストレーション / 川原瑞丸
  • NIKON『公式キャラクター「ニコンちゃん」』 / ひかりバンビ
  • スクウェア・エニックス『ロード オブ ヴァーミリオン Ⅲ』イラストレーション / あさひろ
  • マイウェイ出版『進撃の巨人考察BOOK セカンドウォール vol.2』イラストレーション / 森野ヒロ
  • ワコール『Webストア』イラストレーション など多数。
初年度入学金
入学金 ¥170,000
教育充実費 ¥110,000
前期授業料 ¥420,000
校費 ¥169,000
その他 ¥20,000
後期授業料 ¥420,000
初年度学費合計 ¥1,309,000
授業時間
1限目 9:00〜10:30
2限目 10:40〜12:10
昼休み 12:10〜13:00
3限目 13:00〜14:30
4限目 14:40〜16:10

※授業の間に10分の休憩時間があります。