インダストリアルデザイン科
インダストリアルデザイナーコース

車、家電製品、文具やおもちゃ、雑貨などのデザインを学び「暮らしを便利で楽しく」を目指す

スマートフォンや車、家電製品、文具といった工業製品を機能的で美しくデザインすることを学び、暮らしを便利で楽しくするインダストリアルデザイナー(工業デザイナー)を目指します。経験豊富なプロのデザイナーやモデラーの指導のもと、企画から設計、模型製作、プレゼンテーションまで一貫して習得します。1年次はクラフト・ファニチャーコースとの共通授業で基礎を学び、その後、各コースにて、より専門的な学習を行います。企業との産学連携プロジェクトでは実際に商品化されたアイデアもあります。

カリキュラム

1年次は製図やレンダリングなど立体の基礎を学び、表現技術や材料の加工技術を養います。2年次は実技において企業とのコラボレーションを行い、技術力とプレゼン力を高め、精度の高い作品づくりを繰り返し行います。

1年次[前期]
スケッチやデッサン、Illustrator・Photoshopを通じてデザインの基礎を学び、さまざまな素材に触れ、美しく機能的な形を考えます。


デッサン/スケッチ/基礎製図/造形演習/デザイン史/Illustrator・Photoshop/実材演習/人間工学演習/プロダクトデザイン論

1年次[後期]
CGで立体をつくるための基本的な技術を学びます。文具などの身近なものについて、コンセプトの立案や図面、モデル制作などを行います。企業のデザイナーも直接指導にあたります。


インダストリアルデザイン/基礎製図/デザイン史/Illustrator・Photoshop/Rhinoceros/インダストリアルクレイ/実材演習/スケッチ/産学協同/就職ガイダンス

2年次[前期]

高齢者や障がい者に配慮したデザインを学び、デザインへの視野を広げます。また、高度なCGソフトを使ったり、3Dプリンターでのモデルづくりなどを通じて、レベルアップを図ります。


インダストリアルデザイン/ユニバーサルデザイン/認知工学/色彩学/材料学/SOLIDWORKS/実材演習/ブランディング

2年次[後期]
卒業制作を通じて、楽しい暮らしを実現するための製品を考えます。担当講師と話し合って企画を立て、調査に出かけたりすることでアイデアを練り、オリジナリティのあるデザインを開発します。


色彩学/材料学/SOLIDWORKS/実材演習/工業技術概論/卒業制作

主な授業

画像:生徒がオリジナルでデザインした郵便ポストの図面

<基礎製図> デザインを第三者に伝えるために必要な製図法を手描きで学びます。

<SOLIDWORKS>  パソコンでデザインを設計するために必要なソフトの操作方法を学びます。

画像:部屋のインテリアとして楽しめるテーブルタップの提案

<インダストリアルデザイン> デザイナーにとって必須である、問題解決能力を養います。

<スケッチ>  コピックや色鉛筆、パステルを使用して、アイデアを描くテクニックからレンダリング(完成予想図)までを学びます。

画像:片手でも使え、デザイン性も重視したスパイス・ミル(調味料入れ)の提案

<ユニバーサルデザイン>文化・言語・国籍の違い、老若男女や能力の如何を問わずに利用することができる製品の提案・設計をします。

<プレゼンテーション>  立体物の制作だけでなく、プレゼンテーションパネルなどのグラフィックデザインも学ぶことができます。

産学連携授業

東京特殊電線株式会社とインダストリアルデザイン科の生徒が協力し、LED製品をデザインしています。このアイデアは車のボトルホルダーを発光させるというアイデアです。ペットボトルを入れると、センサーがペットボトルの状態を感知し、さまざまな光を発します。これにより、光と人の新しい関係が生まれることを意図しています。

東京特殊電線株式会社ホームページ:http://www.totoku.co.jp/

主な就職先

トヨタ自動車㈱、㈱松村設計、㈱杢目金屋、和平フレイズ㈱、井原理安デザイン事務所、㈱三英、㈱ニチガン、㈱ケイテック、㈱こどもの館など他多数。

初年度納入金

納入項目 入学金 教育充実費 授業料 校費 校友会費 卒業費 年間合計
初年度納入金額 ¥170,000 ¥110,000 ¥860,000 ¥169,000 ¥20,000 ¥1,329,000