東洋美術学校では産学連携事務局を設置し、国内外を問わず様々な企業・団体と産学連携プロジェクトに取り組んでいます。70年の学校教育の歴史と実績をもとに、デザイン共同研究や商品開発、ゲームキャラクター制作からデザイン案の提案など、多くの実績を挙げています。

MESHワークショップ

クリエイティブデザイン科高度プロダクトデザイン専攻では、新たな産学連携プロジェクトとして「ひらくPCバッグ」のデザイナー、いしたにまさき氏の指導のもと、ソニー株式会社の新規事業・MESH projectから生まれたスマートDIYキット「MESH」を活用したプロダクトデザイン・ワークショップを開催しました。

comicoとの授業連携

無料コミックサービスcomicoとの連携カリキュラムを2015年よりスタートしました。マンガ科にて、comico導入授業『webコミック』を全12回で運営し、comico-styleコミックのアーティストを数多く輩出することを目的としています。連携初年度から「comico マンガ・ノベル全国学生選手権15」入賞者を出す成果を挙げています。

Live2Dとの授業連携

コンシューマーゲームからiPhone、Android端末用アプリケーションまで、数多くの導入実績を持つLive2Dを用い、CGアニメーションの授業を産学連携で実施します。カリキュラムは年間を通じて理論、演習、自主制作と展開する事で、最終的には生徒自らがキャラクターデザイン、パーツ毎の素材制作、そしてモーションデザインまでを行えるよう進めていきます。

Schooオンライン講座

株式会社スクーが運営するオンライン動画学習サービス“schoo WEB-campus”で、本校専任講師がデザイン講座を実施しました。本校でも実施しているデザインの基礎講座をオンラインでレクチャーする形式で、schooのシステムにより常に講師にフィードバックや質問が送れるワークショップを行いながら、オンライン上でも現実の教室で行っている授業のように講座を実施しました。視聴数も1,000名を超え、大好評で終えることができました。

ヤフー株式会社との産学連携

ヤフー株式会社とクリエイティブデザイン科による、産学連携プロジェクトが大きな成果を挙げました。チャットアプリ「Chatomo(チャットモ)」にて、生徒の制作した多くのスタンプが採用されました。「Chatomo」は、「気の合う”女子友”を見つけて気軽に女子トークを楽しめる」というチャットアプリです。

TOTOKUとの産学連携

東京特殊電線株式会社(TOTOKU)とクリエイティブデザイン科(高度プロダクトデザイン専攻)・インダストリアルデザイン科の生徒が協力し、LED製品をデザインしています。このアイデアは車のボトルホルダーを発光させるというアイデアです。ペットボトルを入れると、センサーがペットボトルの状態を感知し、さまざまな光を発します。これにより、光と人の新しい関係が生まれることを意図しています。

アグリHDとの産学連携

『農業の産業化』をミッションに日本やシンガポールを拠点としたグローバルな事業活動を行うアグリホールディングス株式会社と「農業とデザイン」をテーマに勉強会、ワークショップ、そしてデザイン提案まで、幅広い産学連携を展開していきます。同社が国内にて運営する無農薬栽培の会員制農場『FARM&』をベースに古民家と畑という2つの現場を体験しながら、今の日本の農業について考え、様々な企画を考案していきます。

『Picorre Live! 』配信開始

2016年6月よりAmazon.comが提供する世界最大級のゲームストリーミング配信プラットフォー「twitch」と連携し、公式パートナーチャンネル「Picorre Live!」を開始しました。毎月、様々なプロのイラストレーターを起用し、インターネットを通じて生放送配信していきます。

TOKYO POP GUIDEの発刊

東洋美術学校がプロデュースする日本のオタクカルチャーを世界に届ける情報メディア『Tokyo Pop Guide』が昨年10月初旬にリリースとなりました。本書は北米、ヨーロッパ、アジアの3つのエリアで日本のマンガ、アニメ、ゲームファンに様々な情報を発信していくメディアとして展開していきます。

Kids Logic Co Ltdとの産学連携

香港をベースにアニメやゲームキャラクターのコレクティブフィギュアの製作を手がけるKids Logic Co Ltd(以下Kids Logic)とキャラクターのデフォルトイラスト制作を産学連携で実施。Kids Logicと本校の産学連携によるねらいは、Kids Logicが今後リリースするキャラクターブランドのデフォルメ制作を東美の生徒が実施することで、日本の「可愛い」表現スタイルと欧米的クールさを融合させた新しいhobbyブランドを構築することです。

ディノスワークショップ

通信販売のディノスとインダストリアルデザイン科の生徒との共同企画商品として「ハンガーラック」が商品化されました。服と一緒に靴も並べておきたいという女性の気持ちを活かしたもので、靴が重要なアイテムになっていることから「シンデレラ」と名付けたものです。同社職員が講師として指導しました。

株式会社MUGENUPとの産学連携

株式会社スクーが運営するオンライン動画学習サービス“schoo WEB-campus”で、本校専任講師がデザイン講座を実施しました。本校でも実施しているデザインの基礎講座をオンラインでレクチャーする形式で、schooのシステムにより常に講師にフィードバックや質問が送れるワークショップを行いながら、オンライン上でも現実の教室で行っている授業のように講座を実施しました。視聴数も1,000名を超え、大好評で終えることができました。

株式会社SO-ZOとの産学連携

マンガ・アニメ・ゲームをはじめとするサブカルチャーグッズの企画・販売を手がける株式会社SO-ZOと連携して『痛部屋コンペティション』を開催しました。これは一部屋丸ごとオタクテイストでラッピングするポップなアイデア・デザインを募集するプロジェクトです。本コンペは、デザインやアートを学ぶ本校の生徒に独自性と斬新なデザイン、そして新しいライフスタイルへの提案力で顧客にグッと来る商品をプロデュースしてもらうことが目的です。

株式会社クラウドワークスとの産学連携

マンガ・アニメ・ゲームをはじめとするサブカルチャーグッズの企画・販売を手がける株式会社SO-ZOと連携して『痛部屋コンペティション』を開催しました。これは一部屋丸ごとオタクテイストでラッピングするポップなアイデア・デザインを募集するプロジェクトです。本コンペは、デザインやアートを学ぶ本校の生徒に独自性と斬新なデザイン、そして新しいライフスタイルへの提案力で顧客にグッと来る商品をプロデュースしてもらうことが目的です。

産学連携プロジェクト実績企業・団体一覧

東京国際家具見本市
第一ホテル東京
株式会社ブリヂストン
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社
リズム時計工業株式会社
里山民家プロジェクト
株式会社資生堂
JAXA/宇宙航空研究開発機構
アサヒ飲料株式会社+カゴメ株式会社
株式会社三英
株式会社パイロット・コーポレーション
セコム株式会社
いすゞ自動車株式会社+東京急行電鉄株式会社
アサヒ飲料株式会社
キヤノン株式会社
学校法人 東京医科大学
株式会社ディノス・セシール
株式会社コミュニティーファクトリー
株式会社MUGENUP
株式会社クラウドワークス
株式会社スクー
ヤフー株式会社
comico

産学連携に関するお問い合わせ先

産学連携事務局
E-mail:project@to-bi.ac.jp 担当:澤井