【絵画科】卒業生の浅岡咲子さんが、日本橋三越にてワークショップを開催しました。
去る2017年1月21日土曜日、本校絵画科(前 造形美術科高度絵画専攻)卒業生の浅岡咲子さんが、日本橋三越にて開催された「2017 MITSUKOSHI ART RESORT」にて、ワークショップを行いました。次代を担う若手作家の作品を中心に巨匠作品の再発見まで、驚きと楽しいアートの世界をブース形式にて展示するというコンセプトのもと開催された「2017 MITSUKOSHI ART RESORT」にて、浅岡さんの展示ブースでも多くの来場者が足を止めていました。
浅岡さんのワークショップのタイトルは、「Floral present」。浅岡さんが描いた花の絵の下書きに、参加者の皆さんが思い思いに着彩を施していきます。


アクリル絵具で着彩しながら、彼女の作風の特徴でもある素材の「ラメ」をのせる事で、キラキラで、とても華やかな作品に仕上がっていきます。予定時間の60分はあっという間に過ぎ、参加者の皆さんも個性豊かな作品が仕上がりました。

浅岡さんは現在、多くの作品が評価され、国内外問わず知名度を上げています。今後、更なる活躍が期待される若手アーティストとして注目されています



《作家プロフィール》
浅岡咲子 Asaoka Sakiko
1989年 東京生まれ
2012年 東洋美術学校 造形美術科高度絵画専攻 卒業
2012年 シェル美術賞2012 入選
2014年 損保ジャパン美術賞FACE2014 審査員特別賞受賞
2015年 「コカ・コーラ」ボトル100周年企画アートスリムボトルチャリティ参加
2015年 個展「浅岡咲子展」開催
2016年   第51回昭和会展  パリ賞受賞
2017年 2017MITSUKOSHI ART RESORT出展