保存修復科

6つの分野における「保存修復」を実践しながら、文化遺産を後世に残すためのスキルを習得する

「保存修復」とは、美術作品等を後世へと伝え残すために、保存環境を整え、必要があれば最小限の修復処置を施すという考え方や作業を指します。本科では、油彩画・日本画・染織品・木製品・洋紙・文書などの様々な分野における「保存修復」を4年間で学び、多くの経験を通して自分の方向性を決定できるように指導します。近年、災害によって被害を受けた公文書を含む紙資料や文化遺産の保存と修復に携わる人材が求められています。また、日本文化を継承していくために、各々の分野を超えた自由な発想と広い視野を持てる人材を育成していきます。

カリキュラム

1年次は実技と講義を通して保存修復に必要な理論と倫理を学び、制作技術を身につけます。2、3年次では様々な実習を通して道具や材料、技術についての理解を深め、各分野の修復作業を経験します。4年次では4年間の総まとめと進むべき道の方向性を決定します。

1年次
実技と講義を通して保存修復に必要な理論と倫理を学びます。


油彩画/日本画/木製品修復基礎①/洋式製本技術/和装本製作技術/工作演習/保存箱作成/保存修復概論/文化遺産保存学/写真演習①/物理/基礎化学/西洋美術史/英文講読①/保存科学/学芸員科目(選択)/コンサバター入門

2年次
様々な実習を通して道具、材料、技術についての理解を深めます。


日本画模写/日本画保存修復/立体作品材料学/木製品修復基礎②/予防保存学/マンガ原画保存/染織品修復基礎/油彩画修復基礎/写真演習②/英文講読②/日本美術史/学芸員科目(選択)/保存科学

3年次
実習を通して各分野の保存修復作業を経験します。


洋紙保存修復/文書保存修復/洋式本保存修復/染織品保存修復/表装技術/材料試験法/光学調査演習/地域遺産調査/化学分析・診断法/油彩画保存修復/東洋美術史/就職ガイダンス

4年次
4年間の総まとめと進むべき道の方向性を決定します。


木製品保存修復 / 書誌学 / PC演習 / 研究論文作成 / 卒業研究

主な授業

<油彩画保存修復>  絵画の修復では、絵の具の剥落を補修するため色や形を補います。絵の具層の厚み分だけ充填材(石膏と膠)を詰め、キャンバスの目など周辺部分と同じ状態になるように形を整え、可逆性のある絵の具で補彩をします。

<マンガ原画保存>  本科ではマンガ原画の保存対策に必要な方法論の構築と、材料と劣化状態の関係についての基礎的な研究を行っています。

<光学調査演習>  保存修復においては必ず資料の材質や保存状態を知る必要があります。高倍率のデジタルマイクロスコープをはじめとする光学機器や様々な分析機器を使い資料調査が行われます。

<文書保存修復>  虫喰いの被害に遭った紙(和紙)資料を一枚ずつ慎重に解体し、洗浄と同時に欠損している部分を糊で宛てがっていきます(虫損直し)。

<洋紙保存修復> 少人数で調査を行い、そこから見えてきた保存上の問題点を互いに確認し、ディスカッションをしながら処置方針を固めていきます。具体的な処置方法についてはワークショップを通じて学びます。

<校外施設見学>  国内にある美術館や博物館の収蔵物を保管する施設・設備の現状を知るために、展示やバックヤードなどの見学をすることも重要な体験です。

主な就職先

東京国立博物館、国立公文書館、外務省外交史料館、宮内庁書陵部、㈱資料保存器材、㈱スタジオ33、㈱世界堂、NPO法人カビ相談センター、東京ビジネスフォーム㈱(製本関連)など他多数。

※非常勤および有期雇用を含みます。

初年度納入金

納入項目 入学金 教育充実費 授業料 校費 校友会費 卒業費 年間合計
初年度納入金額 ¥190,000 ¥110,000 ¥864,000 ¥169,000 ¥20,000 ¥1,353,000